DMM FXの特徴を解説します

DMM FXはなぜ、世界第2位の取引高までいったのか?また口座数は国内で一位なのか?ローラと石橋貴明のCMでおなじみのDMM FXですが、取引高が大きいということは、単純に取引量が多いということになります。では、なぜ取引量が多いかと言うと、実は「儲けが大きい」からなのです。FXは、通貨の価格差で儲けることができます。例えば、市場では1ドルが100円だったとしても、実際には1ドルは105円でないと買えません。この5円をスプレッドと予備、DMM FXに関わらず、FX業者の取り分として設定している手数料に該当する部分となります。つまり、スプレッドが少なければ少ないほど、取引したい気持ちが強くなります。DMMFXの場合、このスプレッドが非常に小さいので、取引する人の儲け分が大きいということになります。また、MMFXの場合は、全20ペアでスプレッドが業界最高品質であるというのが特徴となります。

他にも約定力が強いのも特徴のひとつです。約定力とは、指示どおりに売買ができるかという指標のことなので、非常に大事な点です。いくらスプレッドが小さいとからといって、約定力が弱いと、実際に取引する際、価格の条件を悪くしないといけません。DMMFXの場合、配信率が、98%以上と、とても高い数字となります。スプレッドが小さく、約定力が強い=お得なのがDMMFXの特徴となります。そして、DMMFXは口座数が国内で一番多くなりますが、これはスプレッドが小さいからというのが主原因となりますが、他にも、DMMFXが提供しているツールがとても素晴らしいということも理由の一つとなります。FXは、ツールが大事です。ツールが良ければ良いほど、勝ちやすくなりますし、悪ければ悪いほど、負けやすくなります。プロトレーダーが、ツールにこだわるわけですから、一般投資家も当然、重要なポイントとしてツールをあげることは最低限必要な作業となります。